MTOSをインストールしてみた

今さら、かもしれませんが、Movable Type のオープンソース・プロジェクトであるMTOS(エムトスとかエムティオーエスって読むらしい)をインストールしてみました。

昨年末にMTOSが出始めたころは、情報も少ないし、英語版しかなくてなんだか敷居が高いと感じていましたが、最近は、出版される本もMTOS対応をうたっていたりと、だいぶ情報も出てきましたね。

さて、今回は、愛用しているレンタルサーバーの大容量・高機能レンタルサーバー heteml(ヘテムル)にインストールしてみました。

MTOS 4.1 をダウンロード

Movable Type Open Source 4.1 (安定板) は、以下のサイトよりダウンロードできます。

ただし、こちらはインストールやインストール後のテンプレートがすべて英語です(インストール中に日本語を選択すれば管理画面は日本語になります)。そこで、以下のサイトから日本語ローカライズ版をダウンロードできる(MTOS-4.1-ja.zip)のでそちらを使用することにします。

アップロード

ダウンロードしたファイルを解凍し、解凍してできた「 MTOS-4.1-ja 」フォルダの中身をすべてサーバーにアップロードします。これには結構時間がかかります。

インストール

これ以降の作業は、ヘテムルの以下のマニュアル通りにやればOKです。ただし、手順「13. ブログ画面」に行く前に、すべてのファイルを再構築するのをお忘れなく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Just a second...