続:さくらのクラウドの2台構成とさくらのVPSのSSD1台でMTの再構築時間を比べてみた(PSGI編)

前回「さくらのクラウドの2台構成とさくらのVPSのSSD1台でMTの再構築時間を比べてみた」の続編です。前回の構成は、MT5.13、CGI でしたが、今回は MT5.2.2、PSGI(PSGI + Starman + Apache)にして比較してみました。

前回同様、比較したのは次の二つの環境です。

  1. さくらのクラウドのプラン1(仮装1コア、メモリ2GB)を2台(WebサーバーとDBサーバー)で動かした MT
  2. さくらのVPS の SSD2G のプラン(仮想3コア、メモリ2GB、SSD)1台で動かした MT

結果1:MT5.13 → MT5.2.2(CGIのまま)

  1. さくらのクラウド2台構成の方:10 分 50 秒 → 8 分 26 秒
  2. さくらの VPSの SSD の方:11 分 40 秒 → 8 分 49 秒

どちらも MT5.2 にしただけで2分近く再構築時間が短縮されました。

結果2:CGI → PSGI(MT5.2.2)

  1. さくらのクラウド2台構成の方:8 分 26 秒 → 8 分 11 秒
  2. さくらの VPSの SSD の方:8 分 49 秒 → 8 分 21 秒

どちら気持ち短縮されただけですね。ちょっと残念。

しかし、PSGI にすることで管理画面のレスポンスはかなり良くなります。また、再構築のような重い処理以外では、1台のSSDの方がDBのレスポンスが少し早い気がします。

再度、コストパフォーマンスを比較してみると、

  1. さくらのクラウド2台構成の方:月額 5,000 円
  2. さくらの VPSの SSD の方:月額 3,680 円

となり、VPS の SSD の方が 1,320 円安いです。ということで、僕はしばらく「さくらのVPSのSSD」で行こうと思います!

参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Just a second...