flexibleSearch.js v2.2.0 リリース - 検索結果の並び変え、独自の検索ロジックの追加などが可能に

本日、高速なJavaScript検索を実現する jQuery プラグイン「flexibleSearch.js」の v2.2.0 をリリースしました。

今回のリリースでは、検索結果をソートできるようになったり、独自の検索ロジックで通常検索結果をさらにフィルターしたりと、一段と使いやすくなったと思います。

リリースノートにも書きましたが、v2.2.0 の概要は以下の通りです。

ソート機能に対応

検索結果をsortByパラメータに指定した任意のキーでソート出来るようになりました。

また、並び順はsortOrderパラメータで昇順か降順を指定でき、並び替えの基準となる値が数字の場合は、数値として並び変えることが可能です。

独自のロジックで検索

通常の検索で絞り込んだJSONを、さらに独自のロジックでフィルターできるようになりました。

ページ送り機能の強化

ページ分割をする場合、前のページや次のページに順送りするナビゲーションを追加しました。

また、例えば全部で30ページあるとき、ページ分割のナビゲーションに表示するページナンバーは、現在表示中のページを中心に5ページだけにする、といったことが可能となりました。

多数のオプションの追加

上記で紹介した機能を含め、下記の多数のオプションを追加しました。

  • limit
    limit オプションを指定すると URL の limit パラメータは無視され、ここで指定した値が常に優先されます。
  • resultMsgId
    検索結果のメッセージを表示する要素のidを指定します。
  • resultMsgClassName
    検索結果のメッセージを表示する要素のclass名を指定します。
  • resultMsgInsertMethods
    検索結果のメッセージを表示する要素のセレクタと挿入方法を指定します。
  • resultMetaTitleTmpl
    検索結果ページのmeta title用のMustacheテンプレートです。
  • paginateClassName
    検索結果のページ送りを表示するブロックのclass名を指定します。
  • hidePageNumber
    trueを設定するとページ分割のページ番号を非表示にします。
  • showTurnPage
    falseを設定するとページ分割の「Prev」「Next」のページ送りを非表示にします。
  • prevPageText
    ページ分割の前のページへ送るリンクのテキストを指定します。
  • nextPageText
    ページ分割の次のページへ送るリンクのテキストを指定します。
  • maxPageCount
    ページ分割時に表示する最大ページ数を指定します。例えば、maxPageCountオプションを10に設定して、検索結果が全部で30ページになったとすると、そのうちの、現在のページを中心にして最大何ページ表示するか、という意味です。
  • paginateInsertMethods
    ページ分割ナビゲーションを表示する要素のセレクタと挿入方法を指定します。
  • customSearch
    独自の検索ロジックを追加することができます。
  • modifyResultJSON
    検索結果をHTMLに出力する直前にJSONを加工することができます。

各機能の詳細は README.md をご確認ください。

最新版のダウンロードはflexibleSearch.jsからお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Just a second...