CentOS 7.2 に PHP 7.0 をインストール

CentOS 7.2 に PHP 7.0 をインストールしたのでメモ。

epel リポジトリを追加。

# mkdir tmp
# cd tmp
# wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-8.noarch.rpm
# rpm -Uvh epel-release-7-8.noarch.rpm

remi リポジトリを追加。

# wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
# rpm -Uvh remi-release-7.rpm

以前は、ここで、

# vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

を開いて、 enabled = 0 にしたけど、今回は初期値が 0 になっていた。

追加されたリポジトリを確認

# ls /etc/yum.repos.d/
remi-php70.repo remi-php71.repo (略)

PHP7.0 と PHP7.1 があるが、7.1 は現時点(2016/09/02)で beta なので 7.0 系をインストール

# yum --enablerepo=epel,remi,remi-php70 install php php-devel php-mbstring php-mysql php-gd php-pdo php-xml

PHP のバージョンを確認

# php -v
PHP 7.0.9 (cli) (built: Jul 20 2016 17:58:41) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies

あとは、php.ini の設定

# cp /etc/php.ini /etc/php.ini.org
# vi /etc/php.ini

変更したのは下記の値

error_log = /var/log/php_errors.log
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = auto
mbstring.detect_order = auto
expose_php = Off
date.timezone = Asia/Tokyo
upload_max_filesize = 8M

Apache を再起動して完了

service httpd restart

他のインストール方法として、

# yum --enablerepo=epel,remi list available | grep php

とかで利用可能な PHP を調べてみると、php70 や php71 があるので、

# yum --enablerepo=epel,remi install php70 php70-php-devel php70-php-mbstring php70-php-mysqlnd php70-php-gd  php70-php-pdo

とバージョンを指定してインストールすることもできたけど、これだと Apache でうまく動かなかったり(モジュールが足りなかったか?)、サーバー上のインストールされる場所(パス)が違ったりして難しかったので上記の方法にした。

以上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Just a second...