Linux の ls コマンドで変更日降順で件数を指定して表示する

Linux の ls コマンドで変更日の降順で、新しいものから 50 件をリストアップするコマンド

ls -tl| head -50

上記の場合でディレクトリを指定する場合のコマンド

ls -tl ディレクトリパス | head -50

ls は頻繁に使うけど -t| head -50 は絶対に忘れそうなのでメモ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Just a second...