かたつむりくんのWWW

jQueryのloadメソッドなどでインクルードした要素にfaceboxを適用するときは?

コメントで以下のような質問を頂きました。

thickboxなど、(loadなどで)読み込んだ部分に対して指定したjQueryが機能しませんでした。

初めからある方は機能し、読み込んだ部分のみ機能しません。

厳密な話は抜きにして、loadなどで読み込んだ部分は、最初に thickbox などを適用させるときにはまだ存在していないため、これらの要素には thickbox などの機能は適用されないんですね。

そこで、解決方法は色々あると思いますが、一番シンプルかなと思う例を挙げておきます。

続きを読む

Custom Field GUI Utility 3.0.5 アップデート - 「サムネイルのURL」ボタンの不具合修正など

Custom Field GUI Utility 3を ver 3.0.5 にアップデートしました。

複数のファイルを同時にアップロードし「すべての変更を保存」しないでサムネイル画像を利用しようとしたときに生じる不具合を修正しました。

最新版は以下からダウンロードしてください。

今回のアップデートでは「cfg-utiliry.js」のみを上書きすればOKです。

複数のボックスの高さを自動で揃えるjQueryプラグイン - 1行ごとに揃えることもできるよ

タイトルそのまんまの jQueryプラグインを書いてみました。

このプラグインは、次の2通りの方法で、複数のボックスの高さを自動的にそろえてくれます。

  • セレクタで指定したすべての要素を、その中の最大値に揃える
  • セレクタで指定した要素を、引数で渡した数ごとに、その中の最大値に揃える

この手のプラグインは、すでにたくさん出回っていますが、それぞれのメリットとデメリットを調べるのが面倒だったので、とりあえず自分の需要を満たすものを作った次第です。

詳細とダウンロードは以下からお願いします。

Ajax風にファイルをアップロードするjQueryプラグイン「Uploadify」の使い方

Ajax風(?)なファイルのアップローダーは多々あります。その中でも、この「Uploadify」はかなり使いやすそうです。

uploadify01.png

画面遷移なしでファイルをアップロードできるのはもちろんのこと、アップロードの進行状況も見られたり、複数ファイルのアップロードにも対応していたりと、非常に良い感じです。また、アップロード完了後やファイルの選択後の振るまい、重複ファイルのチェックなど、色々とオプションの設定が出来るのも嬉しいです。

jQuery のプラグインということもあり、敷居も低い気がします。

続きを読む

Custom Field GUI Utility の複数選択チェックボックスの出力の仕方

当ブログで公開している WordPress のカスタムフィールドを便利に使うプラグイン「Custom Field GUI Utility」では、複数の項目を選択できるチェックボックスが使えます。

この複数選択のチェックボックスの出力方法を3パターン紹介します。

続きを読む

JavaScript のオブジェクトの中身を表示する jQueryプラグイン

いや、全然大したものではないのですが、自分が JavaScript のオブジェクトの中身を見たい時に、たまに使っているコードを jQuery のプラグインの形にしてみました。

続きを読む

Movable Type 5 のユーザーダッシュボードのウェブサイトなどのサムネイルを変更するプラグイン - Thumbnail Changer

Movable Type 5 のユーザーダッシュボードとウェブサイトのダッシュボードには、システム内の「ウェブサイト」や「ブログ」がサムネイルとともに一覧表示されています。

このサムネイルは、そのウェブサイトやブログに適用している「テーマ」に登録されているサムネイルなんですが、同じテーマをベースにカスタマイズをし、複数のウェブサイトやブログを作ったとき、この一覧画面に同じ画像が並んでしまいます。

続きを読む

Custom Field GUI Utility 3.0.4 アップデート - ちょっとした不具合を修正

Custom Field GUI Utility 3 - WordPress プラグインのバージョン 3.0.4 をリリースしました。

facebox.js内でのパスの修正(これは ver3.0.3 で修正したもの)や、区切り線の class に post や page を指定してもどちらにも表示されてしまう不具合を修正しました。

※プラグインをアップグレードする場合は、conf.ini ファイルは上書きしないようにご注意ください!

メインカテゴリが同一のブログ記事をリストアップする Movable Type プラグイン - Main Category

1ヶ月くらい前に書きかけてた記事です。。。

さて、Movable Type で、ひとつのブログ記事を複数のカテゴリに関連付けたとき、そのうちの一つだけがメインカテゴリとなります。このメインカテゴリが同一のブログ記事をリストアップするには、どのようにしたら良いのでしょうか。

これはMTタグを組み合わせればわりと簡単に実現できると思います。

メインカテゴリは、ブログ記事のコンテキストにおいて MTEntryCategoryタグを使って取得することができるので、MTEntriesでループしながら「元となるメインカテゴリと、ループ中のブログ記事のメインカテゴリが等しいブログ記事だけ」といった条件分岐でリストアップできる気がします。

しかし、もっと直感的にできたら便利かなと思い Main Categoryプラグインというのを作ってみました。

詳細とプラグインのダウンロードは以下のページからお願いします。

jQuery.proxy() って便利ですね

なんだか頻繁に絡んで申し訳ないと思いつつも、THE HAM MEDIAさんのところで、「jQuery1.4から追加されたjQuery.proxy()を試してみる」というすごく分かりやすい記事があり、僕も勉強させていただいたので、エントリーしてみます。

ちなみに、ここではハムさんの記事を読んでいただいたのを前提として書いていきます。

続きを読む

JavaScript が ON のときだけ適用させる CSS

THE HAM MEDIAさんのところで、JavaScript が ON のときだけ適用させる CSS はどうやって書くのが一番良いんだろうというのを連続して取り上げています。

これについては、以前 Twitter で何度か話したことがあって、そのとき僕は「document.write でかいちゃったら?」みたいなことを言った気がするので、実際に試してみました。(追記:試してみましたが、JavaScript で書き出した css の読み込みのタイミングを計測する手段が分からなかったというオチでした。)

続きを読む

MT Zen-Coding - 0.0.3 アップデート

今朝公開したばかりの MT Zen-Coding ですが、「Zen Coding for textarea v0.6」がリリースされていることを知らなかったので、さっそく v0.6 に対応したものにアップデートしました。

こちらのバージョンを使えば、以下のような記述も可能です。

div>mtents>(h2.entry_title>a>mtenttit)+(div.entry_body>mtentbod)
<div>
	<mt:entries>
		<h2 class="entry_title"><a href=""><mt:entrytitle /></a></h2>
		<div class="entry_body"><mt:entrybody /></div>
	</mt:entries>
</div>

便利ですねー!

MT Zen-Coding に名前を変えてちょっとパワーアップさせました

先日公開した「Zen Coding for <textarea> を Movable Type で簡単に使うプラグイン」ですが、これと同様なRewishさんのところで公開されている「WordPressにZen Codingを導入するプラグイン「WP Zen-Coding」」が名称変更されたようですので、こちらもなんとなく合わせて名前を変更しました。

また、MTタグもZen Coding風に入力できるようにしたり、テンプレート編集エディタを全画面表示できるようにしたりと、ちょっとだけパワーアップさせました。

このプラグインも、ひょっとしたら今後もアップデートするかもしれないので、ちゃんとページを作って置いておくことにしました。

プラグインの詳細とダウンロードは以下からお願いします。

Zen Coding for textarea を Movable Type で簡単に使うプラグイン

5509のnoriさんの記事をみて、Movable Type でも使ってみました。

Zen Coding for <textarea>については、5509を見ていただくとして、これがかなり良い感じだったので、Movable Type でも簡単に使えるようにプラグインにしておきました。(ライセンス的には大丈夫だと思います。。)

ダウンロードしたファイルを解凍して、それぞれのディレクトリにアップロードすればOKです。

エディタのフォーマットを「なし」にして、さくさく記事を書きましょう!

なお、Rewishさんのところで、WordPress に Zen Coding を導入するプラグインが公開されています。

iPhoneでMTのソースを読もう - ソースコードを読むためのiPhoneアプリ「Code Viewer」

Code Viewer

iPhone でソースコードが見れたらいいなーと思うことありませんか?

僕の場合、Movable Type のプラグインを作ったりしているとき、Movable Type 自体のソースコードや、すでに公開されている他の方のプラグインのソースをみて勉強することが結構あります。

また、僕の Web制作関係の作業は、自宅、昼休み、電車での移動といった時間に行うことになるので、電車で座れないときや歩いている時も、ふとこれらのソースコードを iPhone で見れたらいいな、と思うことが結構あるのです。

続きを読む

Custom Field GUI Utility を使っていて、新規作成が異様に重い場合などの対処法

当ブログで公開している Wordress のカスタムフィールドを便利に使うプラグイン - Custom Field GUI Utility を使っていると、新規画面で最初からカスタムフィールド(WordPressデフォルトのカスタムフィールド)に値が入っていることがある不具合が報告されています。

これについて、先日アップデートをして、とりあえずその不具合は解消できるようになりました。

しかし、これは、あくまでアップデート以降の不要なデータの蓄積をなくせるだけであり、それまでに蓄積されたデータは消えません。

したがって、今回は phpMyAdmin を使って、不要なデータを削除する方法をご紹介します。

なお、直接データベースを触るので、自己責任でお願いします。バックアップもお忘れなく!

続きを読む

Custom Field GUI Utility 3 でカテゴリごとに表示するフィールドを切り替えるカスタマイズ

最近、コメントやお問い合わせフォームから、「Custom Field GUI Utility でカテゴリごとに表示するフィールドを切り替えることはできませんか?」といった質問を多く頂きます。そこで、今回は、Custom Field GUI Utility 3 を使ってこれを実践してみます。

Custom Field GUI Utility 3 では、「キー」の値を半角英数字のみの対応に切り替えましたが、この仕様変更は、このカスタマイズをしやすくするために行ったものでもあるので、今回が本領発揮というところでしょうか。

【2010-02-10 追記】

ただし、この方法でデフォルト値を設定してしまうと、その値が保存されてしまうのでご注意ください。

続きを読む

MTDDC Tokyo に参加してライトニングトークしてきました

mtddc_t.jpg

2010年2月5日(金)に、千代田区のベルサール九段で開催された MTDDC Tokyo (Movable Type Developers & Designers Conference Tokyo) に参加しました。

Mvable Type 好きには大満足の、非常に充実した内容だったと思います!

そして、2008年に開催された『Movable Type Developer Conference』に引き続き(Movable Type Developer Conference に参加しました)、今回も無謀にもライトニングトークさせていただきました。

「続・素人だけどMTが好き! - Chotto CMS for MT 編」というタイトルで、「CMS としてさらなる進化を遂げた MT5 に、あとちょっとだけ CMS として使い易くする機能を追加するプラグイン」を作っているので、それを紹介させていただきました。

5分間おつきあい頂いた皆様、どうもありがとうございました!

続きを読む

Custom Field GUI Utility 3.0.2 - アップデート - 新規投稿時に不要な値が保存されるのを修正

当ブログで公開している WordPress のカスタムフィールドを使いやすくするプラグイン「Custom Field GUI Utility」をアップデートしました。

これまで、新規投稿時に不要なデータが保存されてしまう現象が見られましたが、それを回避するようにしました。コメントで教えていただいたsonic_65さん、ありがとうございました!

バージョン 2.x、3.x ともにアップデートしましたのでご確認ください。

Custom Field GUI Utility 3.0.0 リリース

当ブログで公開している、WordPress のカスタムフィールドを便利に使うプラグイン「Custom Field GUI Utility」のバージョン 3.0.0 をリリースしました。

これまでの 2.1.0 と機能的にはほとんど変わりませんが、Webデザイナーさんが WordPress を CMS として使うときに、カスタムフィールドをより有効に使えるようにしたつもりです。

主な変更点は以下のとおりです。

続きを読む