かたつむりくんのWWW

2009年にこのブログで公開した Movable Type プラグインのまとめ

今日で2009年も終わりです。1年間というのはあっという間ですね。

今年で33歳になり、企業ではいよいよ中堅クラスに差し掛かろうかという年代になってきました。30歳を超えてからというもの、娘が産れたからというのもあるかも知れませんが、20代の頃とは時間の流れる速さが全然違いますね。

さて、大晦日ということで今年を振り返ってみると、この1年間は Movable Type 漬けの1年だったような気がします。ですので、今日は、2009年に僕がこのブログで公開した Movable Type のプラグインをまとめてみることにします。

続きを読む

MT5のテキストエディタをフルスクリーンモードにするプラグインをひっそりと公開

Movable Type 5 のブログ記事投稿エディタをフルスクリーンモードにするプラグインを作りました。しかし、以下のような理由から、とりあえず今はひっそりと公開しておきます。

  • Firefox 3.5.6(Mac)でしか動作テストしてない。
  • エディタフォーマットが「改行を変換」「なし」にしか対応していない。
  • CKEditor for Movable Typeがイケてるので、僕もこのフルスクリーンモードのプラグインを使うか分からない。

まあ、CKEditor を使わないで、「改行を変換」か「なし」モードで CustomEditorButton2を使うなら絶対にこのフルスクリーンモードは便利なので自分は使いますが。

FullScreenMT5.png

MT4 のときも作っていたんですが(Full Screen Edit Entry(記事投稿エディタ全画面表示))、それよりももうちょっと jQuery っぽくフェードインしてオーバーレイ表示するようにしました。

そんなプラグインですが、興味がありましたらご自由にお使いください。

MT4の管理画面をCSSとJavaScriptカスタマイズしやすくするプラグイン - Custom Display Menu

先日、僕が Movable Type というかコーディング全般を担当したサイトの制作がほぼ終わったので、クライアント様に引き渡す前の最後の作業として管理画面をカスタマイズしていました。

カスタマイズといっても、ユーザー権限を調整しても消しきれないメニューや使わないフィールドを非表示にしたり、フィールド名を変更したりする程度でしたが、CSS を書いていると、「この要素にもid振っておいてくれたら楽なんだけどなー」ってことが多々ありました。特にメニューの表示・非表示を調整したいときに痛感しました。

前回の案件では jQuery で非表示にしましたが、今回は管理画面のメニューに自動的に適切な id を振ってくれるプラグインを作りました。

また、メニューだけではなく、body要素にも class を追加したり、JavaScript で条件分岐しやすいようにブログごと・著者ごとに変数を定義したりしてくれます。

したがって、CSS と JavaScript で簡単にカスタマイズできるようになるので、まさにWebデザイナー向けのプラグインだと思います。

プラグインの詳細とダウンロードは以下からお願いします。

MT4の管理画面にクライアント用のヘルプコンテンツを追加しやすくするプラグイン - Add Help

Movable Type の管理画面のブログメニューに、クライアント用(更新担当者用)のヘルプを追加するプラグインを作りました。

現時点では MT4 のみに対応しています。

続きを読む

「Movable Type 5 Webサイト制作ガイド Volume 1」発売とPDF本について

Movable Type や WordPress で多数のプラグインを公開し、多数の本を書き、みんなが一度はお世話になっているであろうThe blog of H.Fujimotoの藤本壱さんが『Movable Type 5 Webサイト制作ガイド Volume 1』を発売しました。

この本の内容や目次、中身のサンプルなどは、以下の特設ページで紹介されています。

僕もこのブログ記事を書き、さらにバナーを貼ったら(割引特典があるので)購入させていただきます。

続きを読む

第1回MT5勉強会に参加しました

11月28日、新橋で行われた第1回MT5勉強会に参加してきました。ちょうどこの2日前に「Movable Type 5」の正式版がリリースされたので、まさにホットなタイミングでした。

27_large.jpg

今回の勉強会は、

  • 蒲生さんによる「Movable Type 4から5へのアップグレードライブ」
  • SixApartの関社長による「ソーシャルメディアのビジネス利用最前線」
  • SixApartの金子さんによる「Movable Type 5 新機能ハイライト」
  • 各テーブルに分かれての勉強会
  • 各テーブルの勉強成果発表
  • 懇親会

といった流れで行われました。

写真は他のブログにも掲載されていますし、ちょっと下手な文章が長くなったのでここでは省略します。

続きを読む

Custom Field GUI Utility で拡張子が大文字の画像ファイルを挿入するときの不具合の対処法

当ブログで公開している WordPress のカスタムフィールドを便利に使うプラグイン - Custom Field GUI Utilityについて、イメージフィールド(imagefield)にサムネイルを挿入する際、元画像ファイルの拡張子が大文字だった場合に、環境によっては不具合が起こるようです。

続きを読む

MT4 と MT5 のデータベースのテーブルをちょっと比較してみた

Movable Type 4 と Movable Type 5 では、データベースのテーブルが少し変わっているので、なんとなく比較してみました。

続きを読む

XAMPP for Mac OS X に Movable Type 5 をインストール(MySQL、GD環境)

僕の Mac でのローカル環境は、これまで MAMP で構築していました。

MAMP には始めから MySQL がセットになっていますが、MAMP + Movable Type を MySQL で動かすには、DBI、DBD::mysql という Perl のモジュールをインストールする必要があります。

この DBD::mysql がくせ者で、Googleで色々調べながらやってもうまくいかず、結局断念して SQLite で動かしていました(ちなみに WordPress であれば全く問題なく MySQL が使えます)。

しかし、ここへきて、まもなく登場する Movable Type 5 が SQLite はサポートしないときたので、もう一度ローカル環境を作り直そうと思ったわけです。

そして、今回も結局 MAMP ではうまくいかなかったので、XAMPP for Mac OS X に変更した、という流れになります。僕はそんなレベルです。

さて、本題です。今回は自分の備忘録の意味も強いので、かなり丁寧に記事を書いておきます。

続きを読む

facebox.jsの角丸をIE6でも実現する方法

先日の「facebox.jsを使用してIE6だとセレクトボックスが前面に出てしまう件の対処法」に引き続き、今日も似たようなネタですが、この記事に、次のようなコメントを頂きましたので、その対処法を紹介します。

facebox.jsを使用してIE6だとセレクトボックスが前面に出てしまう件の対処法 - かたつむりくんのWWW

ほっとひと安心したところまたひとつ問題が... 調べるとこれもIE6のバグ(未実装)みたいなのですが、 Faceboxの角丸を透過してくれません。 透過pngが透過にならない為のようです。

直したくて「IE PNG Fix 2.0」という 透過PNGサポートライブラリを設定してみました。 ですが、効果が見られません。

というわけで、「IE PNG Fix 2.0」を使った対処法を紹介します。

ちなみに、「IE PNG Fix 2.0」の使い方については、基本的な部分しか書いていませんのであしからず。

続きを読む

facebox.jsを使用してIE6だとセレクトボックスが前面に出てしまう件の対処法

昨日、「Facebox 1.2 - LightBox風に角丸で画像をポップアップ」という記事に次のようなコメントをいただいたので、その対処法を考えてみました。

そんな中、もう一つだけ困ったことが出てきてしまいました。 絶対にプルダウンリストが必要な画面で使いたいのですが、 IE6のバグでプルダウンが前面に表示されてしまうのです...。 サンプルにプルダウンを付けてみました。(IE6のみ変なようです)

続きを読む

勢いでドメインを2つ取得した件

今、ムームードメインでキャンペーンをやっていて、「.info」ドメインが初年度180円で取得できます。

ということで、勢いで2つドメインを取得してしまいました。ひとつは友達とのメーリングリスト用、もう一つはtinybeans用です。

「.info」は何にでも使えるドメイン(infoドメインとは : IT用語辞典)なので、僕みたいにとりあえず色々やってみたい人(しかも独自ドメインで)にはお勧めかも知れません。

今回「tinybeans.info」を取得したので、tinybeans関係は以下のドメインを取得していることになります。

  • tinybeans.jp
  • tinybeans.net
  • tinybeans.info

何に使うかはまったく不明ですw

以上、ちょっとアフィリエイト的なエントリーでした。

画像置換せずにCSSのみでロールオーバーする - opacityだけじゃなくて要素の重なりも利用する

グローバルナビゲーションやボタン等で、画像を使ってロールオーバーを表現する方法にはいくつかあります。

僕は、以前はCSSでの画像置換によるロールオーバーを使うことが多かったのですが、最近では JavaScript(特に yuga.js)によるロールオーバーが基本になっていました。

しかし、最近、CSSだけでロールオーバーする方法を思いついたので、それをメインに使っています。特に目新しいことをやっているわけではないんですが、今まで思いつかなかったので、自分的には「おー大発見!」という感じでした。

続きを読む

Movable Type 4 の管理画面に jQuery を適用するプラグイン - jQuery For MT

Movable Type 4 の管理画面に jQuery を適用させるプラグインを作ってみました。

Movable Type の管理画面は、alt-tmpl を利用すれば簡単にカスタマイズすることができます。しかし、「項目名やレイアウトをちょっと変えたい」ときなどは、いちいち alt-tmpl でカスタマイズするのも面倒です。

そんなとき、jQuery For MT プラグインで管理画面に jQuery を適用させておけば、あとはチョイチョイと jQuery を書けばいいので、ちょっとしたカスタマイズはかなり楽になると思います。

Movable Type 5 からは、MT独自のJavaScriptライブラリからjQueryに変更されているようですので、当プラグインはMT4用に特化すると思います。

詳細、ダウンロードは以下からお願いします。

Movable Typeの個別のブログ記事にその記事の投稿月の前後の月別アーカイブへのリンクを表示するカスタマイズ

先日、Twitter での @mersyさんの次のようなつぶやきをみて、自分なりにゴニョゴニョ考えてやってみました。

個別エントリーでそのエントリーの投稿月の前後の月へのリンク。ふむ。簡単にはいかないんだっけかな。

MTタグには、MTArchiveNext タグや MTArchivePrevious というのもあり、そのアーカイブテンプレートの前後のアーカイブテンプレートの内容を出力するものはあります。

しかし、これらのテンプレートタグは、今回のように「ブログ記事」の中で「月別ブログ記事リスト」といった別のコンテキストの内容を表示させることはできません。

そこで、今回は、配列を使ってやってみることにしました。

続きを読む

僕は「IA = おもてなしの心」でありたい - CSS Nite LP7 の感想

CSS Nite LP, Disk 7「IAスペシャル」に参加してきました。

『"Webで情報を伝える"ということを、"実際に目の前にいる人にものを伝える"ということに置き換えたとき、「デザイン」は「表情や身だしなみ」、「インタラクション」は「しぐさ」、「専門家が行う IA 」は「脳」、そして僕にできる「 IA 」は「おもてなしの心」だ。』

これが「LP7」の帰り道にふと思った感想でした。

続きを読む

JUGEM から Movable Type への移行を手助けするライブラリ - jugem2MT(Beta)

最近、個人事業主をやっている友人のWebサイトのリニューアルに取りかかっており、CMS には予算の関係もあって MTOS を導入することにしました。

その際、もともと JUGEM で運営していたブログを Movable Type (以下、本当は MTOS だけど分かりやすくMovable Type といいます)に移行する必要がありました。

大抵のブログサービスには、ブログ記事をエクスポートする機能はあります。しかし、そのエクスポート形式はさまざまで、ブログサービスによっては Movable Type 形式のファイルでエクスポートできる場合もありますが、残念なことに、JUGEM でエクスポートできるのは、JUGEM 形式のフォーマットだけでした。

ただ、JUGEM 形式といっても XML ファイルなので汎用性があります。そこで、その XML ファイルを jQuery を使って Movable Type にインポートできる形式に変換するライブラリを作ってみました。

最初は XSL でやったのですが、なんとなく「 jQuery で XML ファイルを操作する」ということをやってみたくなったので jQuery に切り替えました。

利用シーンは少ないかもしれませんが、もしご縁があったら以下の詳細ページをどうぞ。

Movable Type で 2ページ以上あるフォルダだけページリストを表示するカスタマイズ

Movable Type で、任意のフォルダ内にページが 2ページ以上あるときだけ、そのフォルダ内のページをリストアップするカスタマイズです。

これだけではあまりピンとこないし、初歩的な内容かもしれませんが、小規模なサイトであれば意外と利用シーンは多いような気がします。

例えば、以下のような場合、「ご購入方法(purchase)」というフォルダだけ、そのフォルダ内のページリスト(「ご購入方法」と「領収書発行について」)を表示させたいという場合です。

  • 当サイトについて/about/
    • 当サイトについて/about/index.html
  • ご購入方法/purchase/
    • ご購入方法/purchase/index.html
    • 領収書発行について/purchase/receipt.html
  • 個人情報保護方針/privacy-policy/
    • 個人情報保護方針/privacy-policy/index.html

続きを読む

Yahooアクセス解析で縮小されるURLを開くGreasemonkey がいい件

Yahooアクセス解析で縮小されるURLを開くGreasemonkey :: 5509」というのがちょっと便利そうなので、さっそくインストールさせて頂きました。

このスクリプトでは70文字以上は「...」となるようになっていますが、省略する前のURLを title属性に入れておけば、マウスオーバーしたときにすべてのURLを見ることが出来るようになります。

後半部分を以下のようにしてみました。

a.setAttribute('title',href); // この1行を挿入します。
if(href.length>70){
    href = href.slice(0,70)+'...';
}

それにしても素晴らしいブログです!尊敬します。 > 5509

以上です。

Custom Field GUI Utility 2.1.0 - アップデート - テキストフィールドにデフォルト文字を入れる機能を追加

当ブログで公開している WordPress のカスタムフィールドを便利に使うプラグイン - Custom Field GUI Utilityを、バージョン 2.1.0 にアップデートしました。

テキストフィールド(textfield)に初期値を設定する機能を追加し、フォーカスしたときに初期値が消え、フォーカスを外したときに未入力であれば再び初期値を表示する(JavaScriptを使用)ようにしました。

conf-xxx.ini ファイル以外を上書きしてアップデートしてください。

以上です。