CustomEditorButton2に便利なボタンを追加するプラグイン - CEB2_plusUtility

以前このブログでも、「CustomEditorButton2」というMovable Typeの記事投稿画面に任意の機能のボタンを追加できるプラグインを紹介しました。

僕も、そのエントリーを書いて依頼ずっとCustomEditorButton2を使わせていただいているのですが、このプラグインで最も気に入っているところは、自分で簡単に好みのボタンを追加できることと、ボタンの配置をドラッグアンドドロップで簡単に変えられることです。

さらに、ひとつ前のバージョンから、使わないボタンを一時的に隠しておける「ポケット」という機能が追加されました。これにより、とりあえず「あったら便利かな」的なボタンもガンガン作っておいてとりあえずポケットにしまっておく、ということができるようになりました。素晴らしい!

というわけで、CustomEditorButton2に使用頻度の高そうなボタンを追加するプラグインを作ってみました。プラグインの説明やダウンロードは以下から。

2008-05-28 追記

CEB2_plusUtility 0.2 にアップデートしました。

CEB2_plusUtility 0.2 で変更されたボタンの変更前の仕様

dl、dt、dd要素を追加するボタン

選択した文字を、dl要素、dt要素、dd要素で囲むボタンです。

複数行をまとめて選択し、1行目をdt要素、2行目をdd要素、3行目をdt要素、4行目をdd要素・・・というように、奇数行をdt要素、偶数行をdd要素で順に囲み、全体をdl要素で囲むようになっています。最大でまとめて10セットのdt要素とdd要素で囲むことができます。

したがって、偶数行を選択することを前提としておりますのでご注意ください。なお、最終行の最後の改行は選択不要です。


<dl>
<dt>1行目</dt>
<dd>2行目</dd>
<dt>3行目</dt>
<dd>4行目</dd>
<dt>5行目</dt>
<dd>6行目</dd>
<dt>7行目</dt>
<dd>8行目</dd>
<dt>9行目</dt>
<dd>10行目</dd>
</dl>

dt、dd要素を追加するボタン

上記のdlでは足りなかった場合に、同じ仕様でdt要素とdd要素を1セット追加します。2行のみ選択して使います。

blockquote要素を追加するボタン

選択した文字(引用文)をblockquote要素で囲みます。

選択した引用文が文章のみの場合はblockquote要素で囲むだけですが、「[引用元のタイトル] + 改行 + 引用文」という書式で書いて選択すると、引用元のタイトルをblockquote要素のtitile属性に追加できます。このとき、[ ]の有無で引用元のタイトルを判断するので、引用元のタイトルを必ず[ ]カッコで囲ってください。

さらに、「引用元のURI + 改行 + 引用元のタイトル + 改行 + 引用文」という書式で書いて選択すると、引用元のURIをblockquote要素のcite属性に追加し、引用元のタイトルをblockquote要素のtitile属性に追加できます。

また、上記のように引用元のURIと引用元のタイトルをしっかり書く場合、引用文の近くの本文で引用元タイトルにリンクを張って紹介文などを書く場合が多いと予想されます。ですのでこのパターンの場合のみ「引用文の近くの本文でcite要素を使いますか?」と聞かれますので、「OK」を選ぶとcite要素で囲った引用元タイトルへのリンクがマークアップされますので、それを本文にお使いください。「キャンセル」を選べば追加されません。

引用元がWebサイトではなく書籍だった場合には、引用元のURIの部分をISBNにすれば、titile属性にurm:スキームの一つとしてIANAに登録されているisbn:スキームの書式でISBNコードを追加できます。

なお、blockquote要素は直接インライン要素やテキストを含むことができないので、このボタンを押すとblockquote要素の中を(改行ごとに)p要素で自動マークアップするか聞かれます。するのであれば「OK」を、他の要素でマークアップするのであれば「キャンセル」を押してください。

詳細は以下でご確認ください。

[引用文のみの場合]
<blockquote>
<p>CustomEditorButton2(MT4.1 以降専用)という素敵なプラグインを見つけてしまいました。</p>
<p>これは、ブログ記事の投稿画面に、任意の機能を持たせたボタンを追加できるプラグインで、つい先日見つけた「MTのエントリーが便利になるプラグイン - tagAssist」と似た機能を提供してくれるプラグインです。</p>
</blockquote>
[引用元のタイトル + 改行 + 引用文の場合]
<blockquote title="記事投稿画面に任意の機能のボタンを追加できるプラグイン - CustomEditorButton2">
<p>CustomEditorButton2(MT4.1 以降専用)という素敵なプラグインを見つけてしまいました。</p>
<p>これは、ブログ記事の投稿画面に、任意の機能を持たせたボタンを追加できるプラグインで、つい先日見つけた「MTのエントリーが便利になるプラグイン - tagAssist」と似た機能を提供してくれるプラグインです。</p>
</blockquote>
[引用元のURI + 改行 + 引用元のタイトル + 改行 + 引用文の場合]
<blockquote cite="http://www.tinybeans.net/blog/2008/03/-customeditorbutton2.html" title="記事投稿画面に任意の機能のボタンを追加できるプラグイン - CustomEditorButton2">
<p>CustomEditorButton2(MT4.1 以降専用)という素敵なプラグインを見つけてしまいました。</p>
<p>これは、ブログ記事の投稿画面に、任意の機能を持たせたボタンを追加できるプラグインで、つい先日見つけた「MTのエントリーが便利になるプラグイン - tagAssist」と似た機能を提供してくれるプラグインです。</p>
</blockquote>
[引用元のURI + 改行 + 引用元のタイトル + 改行 + 引用文の場合(cite要素を追加する場合)]
<cite><a href="http://www.tinybeans.net/blog/2008/03/-customeditorbutton2.html">記事投稿画面に任意の機能のボタンを追加できるプラグイン - CustomEditorButton2</a></cite>
<blockquote cite="http://www.tinybeans.net/blog/2008/03/-customeditorbutton2.html
" title="記事投稿画面に任意の機能のボタンを追加できるプラグイン - CustomEditorButton2">
<p>CustomEditorButton2(MT4.1 以降専用)という素敵なプラグインを見つけてしまいました。</p>
<p>これは、ブログ記事の投稿画面に、任意の機能を持たせたボタンを追加できるプラグインで、つい先日見つけた「MTのエントリーが便利になるプラグイン - tagAssist」と似た機能を提供してくれるプラグインです。</p>
</blockquote>
[引用元のISBN + 改行 + 引用元のタイトル + 改行 + 引用文の場合]
<blockquote cite="urn:isbn:4-7980-1092-8" title="Web標準の教科書">
<p>根拠となるリソースが書籍であれば、ISBN(International Standard Book Number)を指定するといいだろう。ISBNコードを指定する書式はRFC3187で規定されており、urn:スキームのひとつとしてIANAに登録されているisbn:スキームで指定する。</p>
</blockquote>
[引用元のURI + 改行 + 引用文の場合]
<blockquote cite="http://www.tinybeans.net/blog/2008/03/-customeditorbutton2.html">
<p>CustomEditorButton2(MT4.1 以降専用)という素敵なプラグインを見つけてしまいました。</p>
<p>これは、ブログ記事の投稿画面に、任意の機能を持たせたボタンを追加できるプラグインで、つい先日見つけた「MTのエントリーが便利になるプラグイン - tagAssist」と似た機能を提供してくれるプラグインです。</p>
</blockquote>
[引用元のISBN + 改行 + 引用文の場合]
<blockquote cite="urn:isbn:4-7980-1092-8">
<p>根拠となるリソースが書籍であれば、ISBN(International Standard Book Number)を指定するといいだろう。ISBNコードを指定する書式はRFC3187で規定されており、urn:スキームのひとつとしてIANAに登録されているisbn:スキームで指定する。</p>
</blockquote>

q要素を追加するボタン

選択した文字を、上記blockquote要素を追加するボタンとほぼ同じ仕様でq要素で囲みます。blockquote要素ボタンの場合にあった確認のダイアログなどは、q要素には不要なので現れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Just a second...